サイレントナイトはいびき防止に絶大な効果があると口コミで話題に!

サイレントナイト口コミどう?いびき防止効果が半端ないと話題

いびき防止ができるサプリとして人気のサイレントナイトについてご紹介していきます♪

いびき防止に効果があるのは?おすすめのいびき対策はコレ!

読了までの目安時間:約 5分

いびきは寝ている間に無意識にかいているものなので、誰でもいびきをかいている可能性はあります。

本人が気づいてないケースも少なくありません。

 

周りの人から指摘されて、びっくりしたことはありませんか?

とはいえ、寝ている間のことでどうにも対処に困りますよね。

 

ですが、そんな寝ている間の無意識ないびきにも防止する方法はあります。

わかりやすく解説していきますので、一緒に質の良い睡眠を取り戻しましょう。

いびきの仕組みと原因について

いびきは、睡眠中に気道が狭くなってしまうことで生まれる音です。

 

狭くなった気道に空気が通ると、狭くなっている分空気抵抗が大きくなってしまいます。

これによって、気道の粘膜が振動して音がなっているのです。

 

この気道が狭くなる理由は様々であるとされています。

まずは、その主な原因について解説します。

肥満によるもの(最も多い原因)

首回り、喉周りに脂肪がついていることで気道が狭くなってしまう為。

口呼吸によるもの

口呼吸は、鼻呼吸よりも気道が狭くなりやすいのです。

舌の根本部分が下がり、喉に落ち込みやすくなってしまう為。

構造によるもの

  • 扁桃腺が大きい
  • 顎が小さい
  • 舌が大きい

 

こういった身体的特徴のある方は、いびきをかきやすくなります。

扁桃腺が大きすぎて左右がくっつくほどであったりする場合は、医療機関を受診するようにしましょう。

飲酒によるもの

寝る前に飲酒したなど、酔った状態で寝てしまう場合に起こるいびきです。

アルコールは、筋肉を弛ませる作用があるために起こります。

アルコールによる、一過性のいびきです。

疲労によるもの

疲れた状態だと、筋肉の弛みが大きくなる為。

呼吸中枢の異常

睡眠時無呼吸症候群がこれにあたります。

酷い状態になると、生命に危険を及ぼすので医療機関を受診するようにしましょう。

 

このように【いびき】の原因は、様々あります。

ですので、原因を把握した上で自分に合った対策をすることも大事です。

自分で実践できるいびき防止の方法

横向きで寝る

いびきをかく人の多くが、普段仰向けに寝る習慣があるそうです。

横向きで寝ることで、下の根元が下がって気道を狭くすることを防げます。

横向きだとなんだか寝づらいという方は、抱き枕を使うと体の負担を軽減できます。

※注意

枕の高さは、高くても低くても頸椎に負担がかかります。

肩と首の角度が水平になるようにしましょう。

口周りの筋肉を鍛える

鼻呼吸を楽にする為には、口周りの筋肉を鍛える必要があります。

この筋肉が衰えているから、口呼吸となってしまうのです。

 

【口周りの筋肉を鍛える!あいうべ体操のやり方】

  1. 口を大きく開けて『あ~』と言う
  2. 首の筋が張るくらいの勢いで『い~』と言う
  3. 口をしっかり尖らせて『う~』と言う
  4. 最後に舌を大きく口から突き出して『べ~』と言う

 

この1~4の動作・発声を1セットとして、1日30セットを目安にやりましょう。

しっかりやると、結構口周りが疲れ、筋肉を使ってる感じが実感できると思います。

生活習慣の改善

肥満の方は、体重を減らせるようにしていきましょう。

寝る前まで、飲酒をしないようにしましょう。

飲酒によるいびきは、一過性のものなので特に心配はいりませんが、睡眠の質を考えると寝る前に飲むことは避けた方が良いといえます。

いびき防止の為のグッズを活用する

  • 横向き寝がしやすいように作られた枕
  • マウスピース
  • 鼻腔拡張テープ

など、いびき防止の為のグッズを活用するのもおすすめです。

どれも実践しやすい方法となりますので、ぜひ実践してみてくださいね。

まとめ

いびきは、周りの人の睡眠を妨げるだけではなく、自身の睡眠の質も落としますので自分の為にもいびきを防止できるようにしたいですね。

また、中には医療機関での治療が必要な場合もあります。無呼吸症候群などがひどい場合は医療機関を受診するようにしましょう。

自分がいびきをかいているかわからないという方は、いびきをしているか録音・測定するアプリもでているので、一度試されてはいかがでしょうか?

 

この記事に関連する記事一覧

FAQ